お歳暮の由来

お歳暮の由来

お歳暮の由来は、「歳暮周り」を意味しています。年末にお世話になった人へのお礼参りをするという意味で使われます。

贈る相手の基準はあるか

贈る相手はあなたがお世話になったと思う相手です。

ただし、注意点として、

その年だけお世話になった相手ではなく、今後も引き続きお世話になりそうな相手に贈ること

上司や取引先など、「今後もお世話になります」の意味があるのがお歳暮なので、一度きりのお世話になった相手には「お礼」という名目で贈りましょう。

お歳暮の時期と期間について

お歳暮の期間

お歳暮の期間は12月1日から20日まで、遅くともクリスマス前までに贈りましょう。

期間を過ぎた場合はどうすれば

遅れて年内に間に合わないようであれば「御年賀」「寒中御見舞い」として贈ります。

お中元の時期と期間について

お中元の時期は関東と関西で違う

  • 関東なら7月初旬~7月15日まで
  • 関西なら7月下旬~8月15日まで

なぜお盆期間が関東と関西で違うのか

関西の時期が関東と半月ほど遅れて始まる理由は、お盆を8月に行うからです。

「お中元」は旧暦の1年の中頃(7月15日)にお世話になった人へのお礼参りをすることなので、1か月遅い関西のお歳暮も1か月ずれ込んだという事になります。

ですから、関西の人が関東の人にお中元を贈る場合には、この時期の違いに注意しましょう。その逆もまた然り。

時期を逃してしまった時はどうすればよいか

もし時期を逃してしまっても、それ以降立秋(8月7日)までは「暑中御見舞」、それを過ぎると「残暑御見舞」として贈ることはできますがお中元として贈るのはマナー違反になります。

まあ、貰う側の気持ちを考えれば最近はそれほど厳密でなくてもいいような気もするんですけれども、うるさい人はうるさいですし笑

会社勤めでのマナーを重んじる状況などではやはり気配りをする方が無難かもしれません。